(今度は)砂漠とEVの相性 

From:関谷はやと

先日このメルマガで、

総走行距離およそ1万キロを競い

しかもコースのほとんどが砂漠と岩山で

世界一過酷な耐久レースとも言われる

『ダカールラリー』についてお話ししました。

ちなみにこのラリー、

以前まではクリスマス・シーズンに

フランスのパリを出発し船で地中海を渡り、

アフリカに到着した後は、

西アフリカ、セネガルの首都ダカールに向かって

ひたすらカッ飛んでいく!というコースでした。

そのため、

スタートとゴール地点の名前を取って

『パリ・ダカールラリー(通称パリ・ダカ)』

と呼ばれていました。

ところが、

近年はアフリカ地域の政情が

不安定になったことで

中止を余儀なくされたり、

コースを南米に移したりしながら

2020年からは中東サウジアラビアでの

1国開催となっています。

僕もYouTubeでレースの様子を

チェックしてるんですけど・・

サウジアラビアって、

砂漠と人工都市しかないのかな?

なんて思っていたら、

『世界一過酷なラリー』にピッタリな

険しい岩山がたくさんあって、

その中を

時速100キロ以上の猛スピードで

ジャンプしながら走っているんですね〜

なので、

地面からラリー車の車床面までは、

かなりの空間を設けた形状になっています。

もちろん車の構造も、

ごくシンプルなエンジン車が中心で、

街乗り車で見かけるような

スタイリッシュな電動車は

ほとんど出場していません・・というか、

あれだけ悪路を頻繁にジャンプしてたら、

着地の衝撃だけで、

重たいバッテリーやモーターが傷むし、

熱と砂ボコりだらけの中を

EVで走ろうなんて普通は考えません。

すると先日お話ししたように、

大雪が降る地域にEVは向かないのか?

という話に重ねると、EVが使える環境って、

実は都市部だけなんじゃないか?

となってしまいます・・

ところが、

世界一過酷なラリーに挑む人たちは、

自分達だけじゃなく、車にも過酷さを求め、

挑戦する人たちだったんです!

YouTubeでは『ビジョン2030』と題して、

水素と酸素を反応させて発電し、

その電気でモーターを回す

『燃料電池車』が、すでに今回のラリーから

チャレンジ枠のような形でですが、

出場していたんですね〜(驚)

(全コース走るのかどうかは不明)

外観は最初の車と変わりません

こうして少しずつですが、

走行に耐えうる環境を広げながら、

EVの可能性と実用性を高めています。

関谷はやと

 ***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:  http://3ei-j.com/

メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)

希望される方はコチラ↓の登録フォームまで

【三栄自動車のメルマガ】

https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、

コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

映画館閉館のニュースから・・ 

From:関谷はやと

僕が住んでいる地元、

愛媛県松山市のニュースなんですけど、

市内中心部にある『大街道(おおかいどう)』

と呼ばれるアーケード商店街の中に、

1989年のオープンから

32年間の長きにわたり

上映を続けていた映画館があったんですが、

このたび様々な事情により、

惜しまれつつも閉館することとなりました・・

ノスタルジックに言うなら・・

平成の幕開けとともにオープンし、

平成の終わりとともに閉館することとなった

この映画館は、僕たちに

様々なジャンルの映画を見せながら、

逆に僕たちが過ごしてきた平成という時代を

眺めていたんだと・・

とまあ、こんな調子になるんでしょうが、

多分最後まで続けられそうもないので、

もう止めておきます(笑)

ちなみに、この映画館、

元々は別の屋号で映画館だったものが、

しばらくの休館期間を経たのち、

32年前にリニューアルオープンしたものなので、

僕は子供の頃から

この映画館に通っていたんですよ。

以前にもこのメルマガで

お話ししたことがあるんですけど、

(たぶん)松山で初の『デイリークイーン』という

アメリカ発祥のファーストフード店があったのも、

この映画館の入り口でした・・

当時映画館の入場料が(子供料金)

5〜600円程だった40年以上も前に、

1個200円かそれ以上の値段で

アイスクリームが売られていたのは、

今でも衝撃と憧れが入り混じった思い出です。

(もちろん口にした記憶なんてありません)

では次に映画の話

今でもそうですけど、

新作映画の封切り前に行われる

『試写会招待券』とか、

広告絡みで販売される

前売り券や優待券みたいなのが、

ごくたまに手に入ることがあって・・

そういう、タダで観れた映画に限って、

僕はどういう訳かハッキリと

タイトルを覚えているんですよね。

その中のうち、

1本は有名な特撮映画の『ゴジラ』と、

もう1本は、

『カプリコン・ワン』という洋画で、

『有人火星探査機打ち上げをねつ造する』

という衝撃的なストーリーで、

当時、世間でも話題になっていた映画です。

まあ、いま観れば、

アポロ計画からヒントを得たんだな・・とか、

内容自体の面白さも分かるんでしょうけど、

いくら宇宙モノでも『ねつ造』などという

大人の事情が絡んだストーリーなど

当時の僕には理解できるはずもなく・・

『分からなかった』ことが、

かえってタイトルを鮮明に憶えている

きっかけとなった珍しい映画です(苦笑)

関谷はやと

 ***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:  http://3ei-j.com/

メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)

希望される方はコチラ↓の登録フォームまで

【三栄自動車のメルマガ】

https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、

コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

大雪とEVとの相性は!? 

From:関谷はやと

年末年始にかけて、

北陸・東北地方を中心とする豪雪によって

何時間、あるいは丸1日とか

2日近くという長時間、

車が立ち往生して全く動けなかった・・

というニュースを目にしました。

この件については、

少し前にもこのメルマガで、

今回の大雪・豪雪のようなアクシデントに見舞われ、

立ち往生せざるを得なくなった状況を想定して、

とりあえずできることは普段から、

ガソリンをこまめに満タン給油しておくこと、

をおススメしたんですけど、、

ところが、

インターネットの車情報サイトを見ていたら、

実はガソリンの満タン給油以外に

もう一つ大きな問題というか課題があって、

それが、この最近販売台数が

急激な伸びを示している『電動車』のうち、

特に100%電気だけで走るEVは、

大雪で立ち往生したまま、

車内で何時間もヒーターをかけていると、

待機中に電気使い切ってしまうとか、

仮に道路が復旧したとしても、

そのあと走行に必要な電気が足りなくなると、

(ガス欠ならぬ電欠と呼ぶそうです・・)

その場合、エンジン車のように、

どこかからガソリンを持ってくれば給油できる、

という訳にいかないことが、

あらためて表面化したんですね〜

いつもこのメルマガを読んでくれている

あなたなら気付いたと思いますが、

EVって専用の充電施設じゃないと、

燃料となる電気を充電できないし、

もし延長コードのようなものを使って

充電できたとしても、充電が完了するまでに

何十分、何時間と掛かってしまいます。

そう考えると、

雪が降る地域でEVに乗るのはどうなの?

みたいな話になるんですけど、、

ところが海外の寒い地域に行くと、

意外にもEVの割合が多いんだそうです。

ちなみに北欧のノルウェーを例にとると、

昨年販売された車(約10万台)のうち、

実に70%以上がEV、PHV、HV

だったそうです(驚)

ただノルウェーの場合は、

暖かい時期がほんの3ヶ月程度で、

あとは涼しいか寒いかの時期なので、

雪が降った時の対処も

もともと日常的なものとなっていて、

さらには

国のエネルギー政策も大きく関係していて、

EVに対する充電設備の割合が

日本とは比べ物にならないほど

たくさん設置されているからなんですが・・

(主要道路には30マイルごとに設置)

それでも、

雪が降る地域にEVは適さない、

という考えは当てはまらなくなります。

そう考えると、

気温差の大きな日本で

EVが大雪対策をするなら、

立ち往生から復旧したときのために

とりあえず数キロは走れるだけの

スペアタイヤならぬ、スペアバッテリーを、

元々スペアタイヤがあった場所に搭載するのが、

今のところ最善の策じゃないかと思います。

しかしそうなると、

ますます車重が重たくなるんですよね・・

関谷はやと

 ***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:  http://3ei-j.com/

メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)

希望される方はコチラ↓の登録フォームまで

【三栄自動車のメルマガ】

https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、

コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

ソフトウェア 

From:関谷はやと

昨年末、
アメリカのEVメーカー
『テスラ』の株価時価総額が、

トヨタやGM、
フォルクスワーゲンといった
世界の巨大自動車メーカーを抜いて
トップになるというニュースが流れました。

テスラといえば、会社設立当初から
生産能力を確保するための初期負担がかさみ、
常に資金繰りに苦労していたこともあり、

数年前までは投資家の間でも
『危ないんじゃないか!?』
(倒産のおそれがある)みたいに
言われてた企業なんですけど、

それまでエンジンを主体にしていた車が、
電動化に向かったことで急成長し、
一躍注目されるようになりました。

ちなみにテスラの強みは何といっても、
車本体とバッテリー、それに車を動かすための
ソフトウェアのすべてを自社でまかなっている、
というところでしょうね〜

これって、
パソコンやスマートフォン本体とOS
(ソフトウェア)が一体になっている
アップルと同じ手法なんですが・・

そんなアップルでも、
さすがに自社だけで車を作ることはできず、、
つい先日も、
韓国の自動車メーカー『ヒュンダイ(現代)』と
自動運転車の分野で提携する、
といったニュースが流れていました。

こんな風に、
IT企業と自動車メーカーが提携するのは
もはや世界的な流れとなっていて、

中国でも
インターネット検索大手の『百度(バイドゥ)』と
国内自動車メーカー『吉利(ジリ)』とが共同で、
スマートEV(自動運転EV)の会社を
設立するそうです。

この流れで分かることは、
いくら情報処理技術が得意なIT企業でも、

安全性や耐久性に加えて、
膨大な開発費用と生産能力を必要とする
自動車を1社単独で作ることは困難です。

また自動車メーカーも、
車そのものを開発して製造する能力はあっても、
今後必要とされている自動運転に必要な
ソフトウェアを一から作るのは困難です。

こうした背景を考えれば、
両者が得意分野を持ち寄るというのも、
ごく自然な成り行きだろうと思います。

すると三栄自動車みたいに
アフターメンテナンスをやってる会社にとっては、
いくらエンジンからモーターに置き換わっても、

自動車という乗り物がある限り、
仕事の確保にも困ることはないように
思われがちですけど・・

ところが、この先ぶつからない車や
メンテナンスフリーな車が増えると、
入庫してくる頻度は当然少なくなるので、

やはりそこは自動車メーカーと同様、
『クルマ』という領域だけにこだわってちゃダメで、

修理やメンテナンスが
発生したときだけ対応するのじゃなく、

お客様とのコミュニケーションを
普段から取っておくなど、
アフターメンテナンスをやってる会社なりの
『ソフトウェア』というのが
重要になってくると思います。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

カルロス・サインツ 

From:関谷はやと

この冬、日本を含めて世界各地が

新型コロナウィルスの脅威によって、

距離の長短に関わらず移動そのものが

制限されるようになりましたよね。

そんな中、モータースポーツ界では

世界一過酷なラリーとして有名な

『ダカールラリー』が、

1月3日〜15日の日程で開催されています。

このダカールラリー、

元々はクリスマスのシーズンに合わせて

フランスのパリをスタートしたあと、

そこから船で地中海を渡って

アフリカに場所を移し、

西アフリカのダカール(セネガルの首都)まで、

ほとんどが砂漠や岩山で構成されたコースの

およそ1万数千キロを走破するという、

超過酷なラリーでした。

ところが、

アフリカの一部地域で治安が悪化するなど、

コースの確保と越境が困難になったことから、

『ダカールラリー』と呼びながらも、

ここ2回ほどは中東サウジアラビア1国での

開催となっていますが・・

まあ、それでもレースの模様を

インターネット速報で観ていると、

ラリー仕様に改造された車や大型トラック、

バイクに至るまでが

砂漠の上を飛ぶように走る姿は相変わらずです。

そうやってレースの模様を観ていた時、

あるドライバーの名前が初日トップを飾っていました。

それが『カルロス・サインツ』という選手で、

今から30年ほど前、僕がトヨタにいた頃に、

当時トヨタ・チーム・ヨーロッパ(TTE)

というレースチームのラリー部門で

『セリカGT−FOUR』という車に乗って

活躍していた人物だったんです。

中央がカルロス・サインツ氏

ちなみに、

現在F1ドライバーとして活躍している

『カルロス・サインツ・ジュニア選手』

の父親でもあります。

また当時のラリー車は規定により、

年間○○台以上生産されている車を

ベースにしなきゃいけない、というルールがあり、

そのため、

カルロス・サインツ氏がレースで使用する

セリカのベース車両は日本国内のトヨタ工場で

作ることになっていたんですが・・

実はなんと、僕がそのベース車両のボディーを

生産ラインで作るための生産技術担当者として、

携わってたんですよ!

ラリー仕様となったセリカ

その準備として、

トヨタでレース運営を担当しているスタッフが、

僕の上司の所に説明に来ていましたが、、

世界中のラリーコースを飛び回っているためか、

そのスタッフの顔は前後が分からないくらい、

真っ黒に日焼けしていました・・

ちなみに、当時の僕も

治具(じぐ)と呼ばれる

大きなボディー生産設備の中に埋もれていたため、

機械油と溶接時に飛んでくるススのおかげで、

このスタッフに負けないくらい真っ黒な顔でしたよ(笑)

久々に目にしたカルロス・サインツ氏の姿を見て、

当時のことを思い出しましたね〜

関谷はやと

 ***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:  http://3ei-j.com/

メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)

希望される方はコチラ↓の登録フォームまで

【三栄自動車のメルマガ】

https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、

コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする