大雪とEVとの相性は!? 

From:関谷はやと

年末年始にかけて、

北陸・東北地方を中心とする豪雪によって

何時間、あるいは丸1日とか

2日近くという長時間、

車が立ち往生して全く動けなかった・・

というニュースを目にしました。

この件については、

少し前にもこのメルマガで、

今回の大雪・豪雪のようなアクシデントに見舞われ、

立ち往生せざるを得なくなった状況を想定して、

とりあえずできることは普段から、

ガソリンをこまめに満タン給油しておくこと、

をおススメしたんですけど、、

ところが、

インターネットの車情報サイトを見ていたら、

実はガソリンの満タン給油以外に

もう一つ大きな問題というか課題があって、

それが、この最近販売台数が

急激な伸びを示している『電動車』のうち、

特に100%電気だけで走るEVは、

大雪で立ち往生したまま、

車内で何時間もヒーターをかけていると、

待機中に電気使い切ってしまうとか、

仮に道路が復旧したとしても、

そのあと走行に必要な電気が足りなくなると、

(ガス欠ならぬ電欠と呼ぶそうです・・)

その場合、エンジン車のように、

どこかからガソリンを持ってくれば給油できる、

という訳にいかないことが、

あらためて表面化したんですね〜

いつもこのメルマガを読んでくれている

あなたなら気付いたと思いますが、

EVって専用の充電施設じゃないと、

燃料となる電気を充電できないし、

もし延長コードのようなものを使って

充電できたとしても、充電が完了するまでに

何十分、何時間と掛かってしまいます。

そう考えると、

雪が降る地域でEVに乗るのはどうなの?

みたいな話になるんですけど、、

ところが海外の寒い地域に行くと、

意外にもEVの割合が多いんだそうです。

ちなみに北欧のノルウェーを例にとると、

昨年販売された車(約10万台)のうち、

実に70%以上がEV、PHV、HV

だったそうです(驚)

ただノルウェーの場合は、

暖かい時期がほんの3ヶ月程度で、

あとは涼しいか寒いかの時期なので、

雪が降った時の対処も

もともと日常的なものとなっていて、

さらには

国のエネルギー政策も大きく関係していて、

EVに対する充電設備の割合が

日本とは比べ物にならないほど

たくさん設置されているからなんですが・・

(主要道路には30マイルごとに設置)

それでも、

雪が降る地域にEVは適さない、

という考えは当てはまらなくなります。

そう考えると、

気温差の大きな日本で

EVが大雪対策をするなら、

立ち往生から復旧したときのために

とりあえず数キロは走れるだけの

スペアタイヤならぬ、スペアバッテリーを、

元々スペアタイヤがあった場所に搭載するのが、

今のところ最善の策じゃないかと思います。

しかしそうなると、

ますます車重が重たくなるんですよね・・

関谷はやと

 ***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:  http://3ei-j.com/

メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)

希望される方はコチラ↓の登録フォームまで

【三栄自動車のメルマガ】

https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、

コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です