スポーツ欄の一コマから・・ 

From:関谷はやと

スポーツニュース欄の1コマに、
アメリカ・メジャーリーグの
ロサンゼルス・ドジャース元監督、
トミー・ラソーダ氏が亡くなった・・
というニュースが載っていました。

ラソーダ監督といえば、
野球にそれほど詳しくない僕でも
名前を知っているくらい有名な監督で、

中でも印象深いのは
2000年に開催されたシドニーオリンピックで
マイナーリーグ選手を中心としたチームながら、
アメリカ代表として強豪キューバと対戦し
金メダルを獲った試合ですね〜

あと、もう一つ忘れちゃいけないのが、
今から25年以上も前に、
当時日本のプロ野球界では
単なる『夢物語』でしかなかった

アメリカ・メジャーリーグでのプレーを実現した
『野茂英雄投手(当時26歳)』を起用し、

その期待に応えた野茂英雄投手も、
三振を量産しメジャーリーグのアジア人選手として
初の『新人王』を獲得するなど、

ラソーダ氏は、
選手育成の面でも優れた能力を持つ人物でした。

ここで野茂英雄投手の話が出ましたが・・

今のプロ野球界では、ある程度の実績を挙げれば、
『来シーズンからはメジャーリーグに挑戦するぞ!』
というのも、ごく自然な選択肢になってますよね。

ところが、、
野茂英雄氏がメジャーリーグに挑戦した当時は、
いくら移籍したくても交渉できるルートすらなく、
なので当然、日本の球団は全く関わっていない、
という状況だったんです。

しかし!
野茂英雄氏はそれをやってのけただけじゃなく、
ドジャース入団後の目ざましい活躍と、
その後、日本のプロ野球選手が
メジャーリーグでプレーできるための道筋を
築いたんですから、僕らから見れば
本来ならもっと評価されてもいいはず・・
そう思いますよね。

ただ、、日本のプロ野球球団を
1つの企業、ビジネスという方向から見ると、

日本のプロ野球選手に
『メジャーリーグ挑戦』という選択肢が
出来たばかりに、選手に支払う『年俸』が、
一気に跳ね上がる結果を招いたんですね。

まあ、その年俸に見合うだけの実力と人気が、
元々あっていいはずの選手なんだから当然でしょ、
という見方もあるでしょうが・・

ただ野球って、
選手一人だけでプレーしてる訳じゃなく
チーム同士が戦うスポーツです。
しかもプロ野球には興行という側面もあるので、

これを経営的に見た場合、

球団にとっては
メジャーリーグ挑戦という選択肢が
まったく無かった頃から比べると、
ものすごいコスト上昇なんですよね。

そんな事情もあり、
新聞社やメディアが球団オーナーとなっている
日本のプロ野球界では、
野茂英雄氏をそこまで評価しないのかなあ、
と思っています。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

30年前と同じでも実は・・ 

From:関谷はやと

昨日(1月8日)の経済ニュースで、

東京株式市場の日経平均株価が、

『30年5か月ぶり』となる高値を付けた!

と大きく報じていました。

ちなみに、

『日経平均株価』というのは、

東京株式市場の1部に上場している

企業約2000社(銘柄)の中から、

産業ごとにまんべんなく225銘柄を選定し、

その株価を平均したもので、

日本の株式市況の主要な指標となっています。

なので、平均株価が上がるということは、

景況感(景気状況の良し悪しの感覚)も

それと一緒に上がるのが本来の姿なんですけど、

いま、目の前に起きている状況を見ていると、

どうしても平均株価と景況感とのズレというか、

実体経済とは大きくかけ離れているように

感じるんですよね〜

ところで、、

いつもこのメルマガを

読んでくれている人の中には

『平均株価が30年ぶりの高値』

といわれても、

当時は、まだ生まれてなかったり、

子供の頃の話なので実感がわかない・・

といった人もいると思うので、

平均株価がどうだ、、という前に、

どんな世の中・景況感だったか?

についてお話ししたいと思います。

まず、何よりも身近で大きなことは、

『ほとんどの人は携帯電話を持ってなかった』

ことじゃないでしょうか・・

というのも、

当時は携帯電話が普及し始めた頃で、

肩掛けタイプの『ショルダーフォン』から、

片手で持つことができる

『ハンディーフォン』へと

変わりつつあった時期だったのと、

ネットにアップされていた

ショルダーフォンのパンフレット

電話と電池で重さが3キロ近くあったので

『ヘビーに使いこなせる・・』

というキャッチフレーズがピッタリです(笑)

まだまだ固定電話が主流だったので、

当然携帯電話の通信費も高額で、

現在のように、

誰でもという訳には行かなかったんですよ。

携帯電話に象徴されるように、

『情報伝達のスピード』が圧倒的に違うため、

当時は世の中全体の時間の流れが

とても緩やかだったんですね。

まあ例えるなら、

大都会と地方都市、片田舎で暮らすのと、

時間の流れが違うような感覚でしょうか・・

ただ、それでも日本全体で見れば、

今より物やお金の流れに

勢いがあったような気がします・・

となると、、

『情報伝達のスピード』とか

『時間感覚』という視点から比較すれば、

今の平均株価が決して高い訳じゃなく、

むしろその逆で、もっと高くないと、

30年前の景況感と釣り合いません・・

つまり僕は、

『30年前と同じ平均株価』

という言葉に縛られていただけで、

(225銘柄の内容は当時と違いますが)

実際には今の平均株価が、

ちゃんと実体経済を反映しているんだと・・

結局のところ、そう考えた方が、

経済政策がどうだとか、景気がどうだとか、

余計な考え事をしなくて済みそうです(笑)

関谷はやと

 ***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:  http://3ei-j.com/

メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)

希望される方はコチラ↓の登録フォームまで

【三栄自動車のメルマガ】

https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、

コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

聞き流せない話 

From:関谷はやと

僕が住んでいる松山では、
昨日あたりから本格的な冬型の気候となり、
天気予報の最低気温も氷点下を示していました。

そして今朝はついに、
展示場に残っていた水たまりが、
ガチガチに凍っていたほか、

水道管の一部は、
昨夜のうちに蛇口を開放しておくのを
うっかりと忘れていた箇所があり、
案の定凍っていました・・

そのせいで
今朝一番にスタッフから聞いた言葉が
『トイレの水が流せません・・』
という切実ですけど何ともなセリフ。

ちなみに三栄自動車では、
こんな時のために、
フロアの最終施錠者が蛇口を開放する、
という暗黙のルールがあるんですけど、

ここしばらくは
暖かい日が続いていたこともあり、
『うっかり』を引き起こしてしまったんだと・・

その反面、
ルール通り出来てた別のフロアでは
朝から何の問題もなく水が使えてました。

このメルマガを読んでくれてる人の中には、
『たかがトイレの水くらいで・・』
と思う人がいるかも知れませんが、、

『うっかり』を引き起こさないためには、
周囲環境の様子を感じ取ることができる
緊張感が必要だと思っているので、

僕にとっては、
水道管が凍ってしまったことよりも、
社内に『ゆるみ』とか『無関心』が
あったことが原因なのかと感じた時に、

ある意味、恥ずかしさというか、
ガックリとなった方が重大なんです・・

というのも寒さって、
その場所に住んでいれば、
誰にだって訪れる『条件』には違いありませんが、

かといって、それを言い訳に
『凍ってもしょうがない』なんて考えてちゃ、
ビジネスにおいても良い発想は生まれません。

厳しいですけど、
『凍らせないための方法やルール』
があるなら、
それを忘れずに実行できなくちゃ、
何の意味も無くなってしまいますよね。

きっかけが水なだけに、今日は朝から、
サラッと流すことのできない問題点を
発見した気がします(苦笑)

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

合併の効果となるか!? 

From:関谷はやと

先日のメルマガで、

フランスの自動車メーカーを中心とする

企業グループ『プジョー・シトロエン』と

イタリアとアメリカの自動車メーカー

『フィアット・クライスラー』と、

巨大な企業グループ同士での合併が行われた、

というお話しをしました。

その目的、メリットは2つあって、

1つ目は、合併によって両方のユーザーから

車を買ってもらうチャンスが得られるのと、

2つ目は、部品や基礎技術を共有することで、

コストダウンを図りながら収益性を上げられる

という点です。

ただその反面、共通化によって

今度は差別化するのが難しくなるので、

今後は、その点に力を入れる必要があると・・

そんなことをお話ししていたら、、

インターネットの車情報サイトに

早速、面白い車が紹介されていました。

それが今回合併した中の

フィアットグループの1つ

『アルファロメオ』というブランドが、

元々1960年代に作られていた

モデルに手を加えてEV化したんですね。

アルファロメオのEV

元となったモデルの同型(1969年製)

まあ、古い車をEVにして再生する、

というのは、色んな所がやってるので、

何も驚くことじゃないんですけど・・

スゴイのは、

このメルマガで最初にお話しした差別化に

徹底的にこだわった結果、

オリジナル部分を利用したのは、

当時の面影を得るため、という理由から

ボディーの約10%だけを再生したのみで、

あとは最先端素材のカーボンパネルで

ボディー外観を全て作り直し、

内装も当時の雰囲気を損なわないようにしつつ、

流行を取り入れた素材や色遣いになっています。

アルファロメオEVの内装

僕なんか、

一目見てカッコイイな〜、乗ってみたいなあ

と思った口なんですけど・・(笑)

そういう気持ちになったのも、

内部のモーターやバッテリーといった

走行装置は他車と同じものを使いながらも

『差別化』に徹底的にこだわって

作られたモデルだからです・・

ちなみにこのEVは、

モーターショーに出展するために作られた

特別モデルなので

価格も数千万はするんだそうで・・(驚)

でも合併によるもう一つのメリット、

コストダウンを活かせば、

市販車として実現する可能性も

高くなりますよね。

電動化によって自動車が、

それまで持っていた個性や特徴を

失いがちな方向に向かっていく中で、

『差別化』が必要だと考えているのは、

どうやら僕だけじゃないようで、

実はみんな似たようなことを感じてるんだと

改めて思いましたね〜

関谷はやと

 ***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号

ホームページ:  http://3ei-j.com/

メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)

希望される方はコチラ↓の登録フォームまで

【三栄自動車のメルマガ】

https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、

コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする

自動車メーカー同士の合併 

From:関谷はやと

欧米の自動車業界では
昨年末から今年の年明けにかけて、
企業グループ同士のとても大きな
合併がありました。

それが、
フランスの自動車メーカーを中心にした
『プジョー・シトロエングループ』と
イタリア、アメリカと大西洋をまたいだ
『フィアット・クライスラーグループ』
の2つの企業グループです。

これら2つが合併して、
『ステランティス(ステラ=輝く星)』という
新たな統一ブランドが誕生することになり、

企業グループによる世界販売台数が、
1位のフォルクス・ワーゲングループ(ドイツ)
2位のトヨタ自動車グループ(日本)
3位のルノー・日産・三菱(フランス・日本)
に次いで4位となるそうです。

ちなみに、このニュース自体は、
何も電撃的に発表されたものじゃなく、
すでに2年近く前から公になっていたので、
そんなに驚く話じゃないんですけど・・

ただ、当初の予定通りとはいえ、
コロナウィルスの影響によって
世界的な経済の混乱や停滞が報道されている
この時期に合併を進めたとなると、

どうしても、
『どちらかの業績がパッとしなかったのか?』とか
『技術的な面で追いていけなくなったのか?』
などと余計な疑いを持たれてしまいますよね〜

たしかに、どんな会社にも
その手の要因は少なからずあるので、

それよりもっと前向きに今回の合併を
考えてみると、得られる最大のメリットは、

本来なら自社ブランドを浸透させるのに
時間と手間と費用がかかるはずの所を
短期間でやり遂げることが可能となり、

結果として両者ともが、
自社ブランドの車に乗ってくれるであろう
ユーザーを一気に増やすことができるんです。

まあ、そのために『電動化への対応』とか
クリアしなくちゃいけない課題はありますが、

これも合併によって、
お互いの得意分野を出し合うことで
解決できるかもしれません。

ところで、今後はこういった
大きな企業グループ同士の合併によって、
特に車の車台部分(シャーシ)は、
一気に共通化が進んでいくと思います。

今回の合併を例にすると、
フィアット(イタリア)とプジョー(フランス)とで、

ブランドや外観スタイル、生産国は違っても、
ボディーを取っ払ってみれば、

エンジンやモーター、
シャーシ(車台)や足回りといった、
パッと見で分からない部分は、
どのブランドも一緒のものを使っている・・
みたいな状態です。

すると、ブランドや車種ごとで
そろぞれ違った部品を揃えなくて済むので、
収益性も当然良くなってきます。

その反面、
ブランドや車種ごとに存在していた特徴が
減ってしまうことになるので、
今後はその特徴付けのための手腕が
今まで以上に必要となるでしょう。

関谷はやと

***********************

メールマガジン【三栄自動車のメルマガ】

発行責任者:関谷はやと (三栄自動車)

〒790-0054 愛媛県松山市空港通2丁目14番7号
ホームページ:  http://3ei-j.com/
メールアドレス: info@3ei-j.com

メルマガは自動配信がおススメ(無料です!)
希望される方はコチラ↓の登録フォームまで
【三栄自動車のメルマガ】
https://55auto.biz/3ei-jseibi/registp.php?pid=1

***********************

メルマガの配信を解除される方は、
コチラをクリックして下さい。

https://abfll.biz/brd/55s/3ei-jseibi/mail_cancel.php?cd=05rtLFeSX90Bk1

カテゴリー: 三栄自動車のメルマガ | コメントする